ねことメガネとアネモネと

アウトドアや古代史巡りなどが趣味の女です。そんな女の生活記録。

MENU

藤ノ木古墳の講演会、参加証が来ました!(2022年11月15日の日記)

4時15分ごろ布団から出た。

 

今日は早番。

昨日の夜、あまり眠れなくて、電車でブログを書く気力がなかった。

しかも、今日、派遣の新しい人がくる。

業務を教えるのは私で、久しぶりにたくさん人前で話して疲れた。

今日は、初めて簡潔に(短く?)ブログを書き終えたい。

 

家に着いて、ポストを見たら、先日、往復はがきで応募した藤ノ木古墳の講演会の返信が来ていた。

お!と思って、自分の住所が書いていある裏面を見ると印刷された「参加証」の文字が。

やった!!(マンションのエントランスでガッツポーズ)往復はがきが間に合ってた!しかも、講演会に行ける!!

と、新人を教えて帰ってきた疲れがいっきに吹き飛んだ。

やった!やったぞ!講演会なんて初めてだけど、やったー!未知すぎて、逆にワクワクするわい。

と、27日、絶対に予定を入れないようにしないと、と思った。

 

なんか、奈良に旅行に行ったこと、本当によかったな。

藤ノ木古墳の講演会に参加できるだなんて、奈良に行って、橿原考古学研究所附属博物館に行って、本当によかった。

橿原考古学研究所附属博物館で、ミュージアムショップみたいなところで、講演会のチラシをふと発見し、手を伸ばしかけたりひっこめたり、モジモジしていたら、受付の人に、持ち帰っていいですよと言われて、持ち帰るだけでもするかとなにげなく、持ち帰ってきた講演会のチラシ。

11月27日、有楽町であるんだ、行ってみたいけど、こういう講演会ってどういう感じなんだろうと、未知なる不安があった。

私は、このまま何もしないで後悔するのもどうだろうと思い、とりあえず応募するだけでもしてみようと、会社帰りに郵便局へ行き「往復はがき1枚ください」と、このご時世に往復はがきかよ、なんて思いながら、そんな橿原考古学研究所が好きなんて思い、家に帰って、往復はがきってどうやって書くんだ、なんてはがきと格闘したけど、よかった、出してよかった。

 

疲れきったあとに、こんなうれしいサプライズがあるだなんて、今日はとても良い日だなと、思いながら、ルンルンで、はがみを見つめていたりしている。

もうお風呂に入って寝よ。

明日は、少し早めに出勤して、先にいろいろ終わらせておきたい。