ねことメガネとアネモネと

書きたいことをただ書いているブログです。

初めてやってみるふるさと納税、そしてiPadが我が家に来た話(2022年12月6日の日記)

5時10分ごろ布団から出た。

寒い、とにかく寒い。

布団から出て、すぐに、部屋着用のボロフリースを着た。

 

そういえば、月曜日、初めて「ふるさと納税」をやってみた。

私の年収では、いろいろと選択肢たくさんと、返礼品を選ぶことはできないのだけど、とりあえず、ふるさと納税というものをやってみる、ということが目的だから、注文する返礼品も、ランキング上位に表示されているものを見ながら選んでみた。

 

「うーん・・・とりあえず、最初はお米にしてみようかな」

 

と、毎日食べているお米を注文。

 

その次に、友達からおすすめされていた北海道のホタテを注文した。

北海道のホタテは、楽天のふるさと納税や、他いろいろなふるさと納税サイトでも、1位として表示されている返礼品である。

 

「北海道に住む友達も注文しているというのだから、よし注文してみよう」

 

と、北海道のホタテを返礼品に選んだ。

初めてのふるさと納税、どこらへんで、実質2000円でお得という感覚が味わえるのか、どういう返礼品が来るのか、楽しみである。

 

そして、もうひとつ。

我が家に、iPadがきた。

ビジネスホテルなどに泊まりにいったとき、持っていったノートパソコンが、めっちゃ便利で良かった、でも重いのが難点かな、なんていう話をしていたら、相方がiPadを買った。

「さすが、ボーナスもちは、すごいな」なんて感心したけど、やったー!と、嬉しかった。

遅番で帰ってきた今日、届いたiPadを箱から出して、初期設定やら、ものめずらしそうに、いろいろ触って操作していたら、時間があっという間に過ぎていった。

 

iPadに最初に入れたアプリは「kindle」。

「持ち運び楽な、大画面のiPadで、本が読めるぞ」と思い、今月半ばに行く予定の広島のガイドブックを見てみた。

おお!めちゃくちゃ読みやすい。

いままで、iPhoneの小さい画面で、電車の中で読んでいたりしていたけど、ガイドブックなどの写真がある本を読むのに、iPadは、とても便利だった。

その次に、YouTubeのアプリ。

とりあえず、iPadでやりたいアプリといえば、それくらいしか思いつかなかったので、今日は2つのみ。

ネットで検索してみて、iPadで使えるオススメアプリみたいなのないかな?なんて、調べてみようと思った、今日の夜だった。

 

まだiPadのみで、ケースや画面フィルムはないので、外には持ち歩けないのだった。

我が家にきた「iPad」